自販機を設置しよう|社員のモチベーションアップに繋がる

副業でも人気になっている

ドリンクベンダー

現金を残さないこと

気軽に行うことができる副業として自販機ビジネスがあります。人通りの多い場所などに自販機を設置して販売収益を出す方法です。初期導入費用が自販機コストになります。最近の自販機は多機能になっていますので、これにかかる初期費用は高価になっています。しかし節電対応などはなされているため、電気代金などのランニングコストは逆に低くなっています。場所の確保ができていることが前提ですが、他の自販機より割引させることで販売数は格段に多くさせることが可能です。また、仕入れもディスカウントストアなどで仕入れることで利益率を向上させることは可能なのです。心配なのは、設置後の盗難や災害に対する対策です。盗難防止の設備はついているとはいえ、金銭を盗まれることはゼロではありません。対策としてまず設置する場所です。24時間人通りの多い場所であれば、それが防犯効果につながります。しかし深夜の時間帯などどうしても人が少なくなる時間はあります。その場合には、設置している自販機の金銭をできる限り抜くことです。売れ行きの良い販売機の場合には、補充もこまめに行う事が必要になります。これと同時に金銭も抜いておくことが大事なポイントになります。災害に対してこれといって効果的な方法は存在しませんが、これも金銭をこまめに抜くことで、災害時に手の施しようがなくなることも少なくなります。いかにこまめに自販機のメンテナンスを行うかがポイントになります。